テニス肘(外側上顆炎)

このような症状はありませんか?

  • 家事をしている時に肘が痛む
  • 重い荷物を持とうとすると肘が痛む
  • 子供を抱っこしようとする時に肘が痛む
  • テニスをしている時(特にバックハンドでボールを打つ時)に肘が痛む
  • ひどい時は腕を横に垂らしているだけで肘がジンジンしびれる
イメージ

スポーツで痛めた方以外にも産後のママさんやお仕事でPC作業を長時間している為に肘に痛みが現れて当院にご来院され、改善されている方が多くいらっしゃいます。

当院では鍼治療にも力を入れていて、電気を使用したパルス療法など肘の痛みが出ている原因の筋肉に直接アプローチをしていき、症状の改善を図ります。
鍼治療と聞くと、怖さや不安があると思いますが当院の鍼治療は何も感じないと言われる方がほとんどのほぼ無痛ですので、安心して施術を受けていただく事ができます。それでも鍼が苦手で受けたくない方は筋膜リリースや骨格の矯正などの別の手技もご提案いたしますので、お任せください。

「テニス肘」と言われる言葉をみなさまはご存知でしょうか?
これはテニスをしていた時に起きた症状だけではなく、普段から重い荷物を持つ方、主婦やPC作業を長時間する方でも発症し、正しい疾患名は「外側上顆炎」といいます。

テニス肘の特徴として、腕や手首、指の筋肉の使い過ぎや過緊張が原因で、テニス肘の原因となる筋肉の付着部である肘の外側に炎症が起きて、痛みがでます。

傷を治す物質は血流にのって局所に集められます。しかし筋の付着部は細く血流も少ないので、その部分に炎症が起こると傷の治りも遅くなってしまい痛みが長期化する傾向にあります。

鍼灸治療や筋膜リリースなどで患部のあたりへ直接アプローチする方法もありますが、姿勢の矯正や肩甲骨を正常な位置へ戻していきます。

人の身体は小手先の力を使うよりも全身や体幹周りの力を上手に使った方が負担の少なくなる構造になっています。体幹の使い方を治す事により、腕、肘の負担を減らして、痛みの出にくい身体づくりをしていく事が可能になります。

実際にお身体のバランスを調整して肘の痛みが軽減した方も多いので、長期化して痛みが増悪する前にまずはご相談ください。

ページ先頭へ
047-704-9642
お申し込み・お問い合わせなどはコチラから。